« 5・6・7・10月の講演のお知らせ | トップページ | 2018年7月のコラム ~オキシコンチンTR錠のTRとは?~ »

2018年6月 8日 (金)

2018年6月のコラム ~パルモディアの添付文書に対する考察~

2018年6月の薬局にソクラテスがやってきた
選択的PPARαモジュレーターで胆汁排泄型のフィブラート系
新薬パルモディア、その添付文書は既存薬とどう違うの?

【第88回】


 パルモディアは胆汁排泄型のフィブラートなのに禁忌も原則禁忌も既存のフィブラート系とほとんど変わりがありません。なんなら相互作用に禁忌まであってその数は既存薬よりも多いくらい。

 動態が既存薬とはぜんぜん違うのに、一見して添付文書ではその差が見えにくい。そんな感じがしました。その理由を探ります。そして、それは二度の薬価収載見送りとも密接に関与しているのです。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

|

« 5・6・7・10月の講演のお知らせ | トップページ | 2018年7月のコラム ~オキシコンチンTR錠のTRとは?~ »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/73645412

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年6月のコラム ~パルモディアの添付文書に対する考察~:

« 5・6・7・10月の講演のお知らせ | トップページ | 2018年7月のコラム ~オキシコンチンTR錠のTRとは?~ »