« 日経DIクイズ18発売 | トップページ | 車イスの高齢女性への高用量レボフロキサシンに待ったをかける »

2016年12月16日 (金)

2016年12月のコラム ~ベルソムラ錠10mgのなぜ~

2016年12月の薬局にソクラテスがやってきた
2016年12月15日、ベルソムラ錠10mg発売。
減量規格は一つのみ。

【第72回】


 

Photo

 減量用の規格ができたのはいいこと。まあ、でも最初から必要なのはわかっていたのだから、用意しておくべきだったのでは? というのが正直なところです。そして、この減量用の規格は、そのうち、パキシル5mgのように、普通に使われるようになっていくのかな~、とも(たぶん効くでしょうし。だって、米国は5mg、10mgでしょ!?)。

 20mg錠でも15mg錠でも、中等度のCYP3A4阻害薬と併用する際には、10mg錠へと減量。わかりやすいと言えばわかりやすいが、なんか不自然。それはなぜなのか?

 2016年のDIOコラムはこの記事でラストです。2017年もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

|

« 日経DIクイズ18発売 | トップページ | 車イスの高齢女性への高用量レボフロキサシンに待ったをかける »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/68836991

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年12月のコラム ~ベルソムラ錠10mgのなぜ~:

« 日経DIクイズ18発売 | トップページ | 車イスの高齢女性への高用量レボフロキサシンに待ったをかける »