« 日経DI関連記事(特集とクイズ本) | トップページ | 文章を書くときと読むとき、そしてしかるべき距離について »

2016年8月26日 (金)

2016年8月のコラム その2 ~プラザキサとCAMのなぜ~

2016年8月の薬局にソクラテスがやってきた」その2
P-gpの典型基質薬と阻害薬。
例外的な組み合わせ。

【第67回】


 「基質薬のBAや、P-gp阻害薬と基質薬の排泄経路の組み合わせによって、どの臓器のP-gpに起因するのか推測可能なのだ」には、もちろん例外もある。

 プラザキサのBAは6.5%で、腎排泄型の薬剤だ。これとクラリスロマイシンを併用すれば、理論的には、強力なP-gp阻害薬であるクラリスロマイシンが小腸のP-gpを主に阻害することになる。が・・・

 <プラザキサの相互作用>
 併用禁忌:イトラコナゾール
 併用注意(減量考慮) :ベラパミル、アミオダロン、キニジン、シクロスポリンなど

 クラリスロマイシンも他のP-gp阻害薬と同じように減量考慮となる併用注意となっておかしくない。しかし、クラリスロマイシンは別枠での扱いで次のようになっている。

Cam

 この理由はわからない。経口投与される薬剤なら、すべてそこで出会うはずだからだ。そこで? どこで? 腸管(広義の小腸:十二指腸・空腸・回腸)のどこで主に相互作用が起きているのだろう。

 併用禁忌のイトラコナゾールの吸収部位は「上部腸管」。十二指腸・空腸あたりか? 一方のプラザキサの吸収部位は「消化管」って、アバウトすぎる・・・。この考えもダメか・・・。一応、問題のクラリスロマイシンの吸収部位は、

 3.吸収
該当資料なし
〈参考〉
ラットの in situ 消化管吸収実験から,胃からはほとんど吸収されず,主に十二指腸から回腸に至る小腸の広範な領域から速やかに吸収されることが示された。

 クラリスロマイシンは広範囲から吸収されるがゆえに、プラザキサの小腸P-gpによる排泄への影響が少なかった? でも肝心のプラザキサの吸収部位が「消化管」では・・・。

 ちなみに、ベラパミルの吸収部位は「腸管」、アミオダロンは「消化管全域」、キニジンは「上部胃腸管」、シクロスポリンは「上部消化管」。う~ん・・・。

 やはり、何事にも例外はあるということにしておこう。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« 日経DI関連記事(特集とクイズ本) | トップページ | 文章を書くときと読むとき、そしてしかるべき距離について »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/67141687

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年8月のコラム その2 ~プラザキサとCAMのなぜ~:

« 日経DI関連記事(特集とクイズ本) | トップページ | 文章を書くときと読むとき、そしてしかるべき距離について »