« 2016年6月のコラム ~CYP阻害薬の“強さ”について~ | トップページ | 妊婦・授乳婦への降圧薬 ~高血圧治療ガイドライン2014~ »

2016年6月17日 (金)

「血栓があるのに抗凝固薬は要らないんですか?」

車中泊で血栓ができました。
「血栓予防の薬(抗凝固薬)は必要ないんですか?」
僕たちの病識は・・・。

CASE 182

女性 45歳 

他科受診:婦人科  併用薬:なし(ピルを中止)

定期処方:
Rp1) オルメテック錠20mg   1錠   分1 朝食後 28日分

前回の薬歴より:
① 車中泊、ピル服用、利尿剤服用→左足にむくみと痛み
② エコノミークラス症候群疑いにてB病院へ紹介
③ ラシックス錠20mgと併用薬のピル→中止

患者のコメント:
「左ヒザ裏の下に血栓ができていた。この場所は経過観察と言われました。
血栓の薬とか飲まなくていいんですか?」

患者から得られた情報:
① B病院からの処方薬はロキソニンとムコスタ 各3錠/3xのみ
② 弾性ストッキング着用、車中泊はもうしていない
③ ラシックスやピルは中止のまま

□CASE 182の薬歴
#1 血栓症の病識ケア
 S) 左ヒザ裏の下に血栓ができていた。この場所は経過観察と言われました。
   血栓の薬とか飲まなくていいんですか?
 O) 併用薬:ロキソニン・ムコスタ 
   弾性ストッキング(+)、車中泊(-)、ピル・利尿剤の服用(-)
 A) 不安に対して病識ケア
 P)表在性血栓と深部静脈血栓の違いを説明し安心してもらう。
   ただし、リスクファクターを取り除いておくことが大切。
 
□解説
 いわゆるエコノミークラス症候群は深部静脈血栓症や肺塞栓症のことを言う。この場合は入院下の初期治療などの後に、ワーファリンやリクシアナなどの抗凝固薬の服用が一般的な治療法だ。

 今回のケースでは、血栓はできているが経過観察でよく、薬物療法もNSAIDsによる対症療法となっている。もちろん、血栓症のリスクファクターは排除されている。これは表在性血栓静脈炎への対応だ。

 静脈炎の範囲が短く(<5cm)、深部静脈との結合部から遠く、ほかに血栓症の危険因子がない場合は、下肢挙上やNSAIDsで対症的な治療を行う。それ以外の場合は超音波検査による血栓範囲の評価、抗凝固療法の考慮が必要である。
(今日の治療指針2016 P. 479)

 メルクマニュアルの表在性血栓静脈炎のページにも「深部静脈と違って表在静脈は筋肉に取り囲まれていないため、血栓が押し出されることはありません。したがって、表在性血栓静脈炎はほとんど塞栓症を起こしません」と記されている。

 これらのページを患者といっしょに参照しつつ、患者に安心してもらい、今後も血栓症のリスクファクターに対して注意を払うように指導している。
 
□考察
 TVやラジオなどのメディアでエコノミークラス症候群の危険性が繰り返し放送されていた中で、血栓があると言われ、ロキソニンだけという対応に患者は不安だったようだ。

 一方、僕らも「薬があるからその周辺の病識を形成している」可能性がある。経過観察でよいような疾患で、その疾患の薬も処方されないとなると、僕らがその疾患に触れる機会も少なく、そのあたりの病識が乏しいのは当然といえば当然なのかもしれない。

 こういう機会を捉え、周辺知識を充実させていく。そういったことを心がけていきたいと思う。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« 2016年6月のコラム ~CYP阻害薬の“強さ”について~ | トップページ | 妊婦・授乳婦への降圧薬 ~高血圧治療ガイドライン2014~ »

(03) コンプライアンスや薬識など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/65895365

この記事へのトラックバック一覧です: 「血栓があるのに抗凝固薬は要らないんですか?」:

« 2016年6月のコラム ~CYP阻害薬の“強さ”について~ | トップページ | 妊婦・授乳婦への降圧薬 ~高血圧治療ガイドライン2014~ »