« 「血栓があるのに抗凝固薬は要らないんですか?」 | トップページ | 2016年7月のコラム その1 ~トランスポーターの取っつきにくさについて~ »

2016年6月24日 (金)

妊婦・授乳婦への降圧薬 ~高血圧治療ガイドライン2014~

飛び込みの患者さんの意外な訴え。
授乳婦さんへおススメのの降圧薬。
ガイドラインにも載ってますよ。

 飛び込みの新患さん。お薬手帳には“アルドメット錠250mg 3錠/分3”の記載。その併用薬に話が及ぶと開口一番、「授乳中に使える血圧の薬って、これだけですか? 他にありませんか? 1日3回も飲まないといけないから・・・」。

 お話を伺うと、妊娠中にはアルドメットを服用しており、出産後は近くの内科で診てもらうように、と。内科医は授乳婦さんに使える薬がわからないから、妊娠中と同じものにしておこう、と。隣の薬局で相談するものの医師の選んだものを、と。そのことがひっかかっていて、他の薬局でも聞いてみようと思い至ったらしい・・・。

 いや、そんなに難しい話じゃありません。ガイドラインにも載ってますよ。いろんな意味で残念な話ですが、せっかくなのでのっけておきます(以下、高血圧治療ガイドライン2014より)。

【妊娠高血圧の降圧薬選択】

Fig1

【授乳が可能と考えられる降圧薬】

Fig2

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

|

« 「血栓があるのに抗凝固薬は要らないんですか?」 | トップページ | 2016年7月のコラム その1 ~トランスポーターの取っつきにくさについて~ »

(14) 妊婦・授乳婦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/62241158

この記事へのトラックバック一覧です: 妊婦・授乳婦への降圧薬 ~高血圧治療ガイドライン2014~:

« 「血栓があるのに抗凝固薬は要らないんですか?」 | トップページ | 2016年7月のコラム その1 ~トランスポーターの取っつきにくさについて~ »