« 2016年5月のコラム ~CYP2D6阻害薬と遺伝子多型について~ | トップページ | 「未来からのまなざしを受けつつ仕事をする」 »

2016年5月27日 (金)

乳がん治療薬の飲み合わせ

“TAM=SERM”
“SERMとAI剤”
他科からの併用薬に注意


【TAM-CYP2D6阻害薬】
 
 2016/5/19のコラム 「ノルバデックス+ベタニス=薬効増強?減弱?」で、ノルバデックス(TAM)を服用している患者に対して、安易なCYP2D6阻害薬の併用を避けましょう、と提案しました。他科からの処方でのこういう事例に対して、僕たちは注意しなければなりません。


【TAM=SERM】
 
 もう一つ、違うケースがあるとすれば、ノルバデックスを服用している患者に対してのエビスタやビビアントといったSERMの処方。これは同じ薬効群の重複投与になってしまいます。まだ遭遇経験はありませんが、じゅうぶんに考えられます。こういったケースを回避するには、ノルバデックスの処方を切ったDrが骨粗鬆症まで合わせて診てくれるのが理想ですね。


【SERM-AI剤】
 
 さらに、この分野で注意したい飲み合わせがあります。それがSERMとAI剤の併用です。詳しくは、Blog「アリミデックスとエビスタの併用を回避する」(2013年10月11日)を参照ください。

 アリミデックスとノルバデックスを併用すると、アリミデックス単独よりもその乳癌再発予防効果がわるくなってしまうこと(ATAC試験)を受けて、ノルバデックスと同じSERMであるエビスタについて、ガイドラインには次のような記載があります。

 一方,ラロキシフェンは閉経後女性における骨粗鬆症の治療薬として日本でも広く使用されている。しかし,ATACにおいてタモキシフェンとアナストロゾールの併用で有害事象が増加し,しかもアナストロゾールの乳癌再発抑制効果を阻害することが明らかとなった。ラロキシフェンも理論上アロマターゼ阻害薬との相互作用が懸念されるため,アロマターゼ阻害薬使用時にラロキシフェンを併用することは推奨されない。 乳がん治療ガイドラインCQ42より)

 ビビアントの記載はまだありませんが、エビスタと同様と思っていいでしょう。

 一方で、SERMの併用により、動態に影響が出てしまうアリミデックスだからダメなのであって、影響の少ないアロマシンなら併用に期待できる、といった報告もあるようです。

 結論として、専門医が行うAI剤とSERMの併用には口を出さず、あくまでもAI剤服用中の患者に対して、他科からのSERMの処方を防ぐ。これが僕のスタンスです。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« 2016年5月のコラム ~CYP2D6阻害薬と遺伝子多型について~ | トップページ | 「未来からのまなざしを受けつつ仕事をする」 »

(05) 薬物動態学(相互作用学を含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/65565300

この記事へのトラックバック一覧です: 乳がん治療薬の飲み合わせ:

« 2016年5月のコラム ~CYP2D6阻害薬と遺伝子多型について~ | トップページ | 「未来からのまなざしを受けつつ仕事をする」 »