« 2016年4月のコラム その2 ~ヴィキラックスとCCBの併用はできるかぎり避けよう~ | トップページ | 「あまり思い詰めないほうが良いこともあります」 »

2016年4月29日 (金)

2016年4月のコラム その3 ~熊本地震本震からの1週間~

2016年4月の薬局にソクラテスがやってきた」(その3)
熊本地震関連コラム6本
どうせ夜は眠れないので書き始めたという側面も。。。

【第55回】 


 DI Onlineコラム「薬局にソクラテスがやってきた」の著者で薬剤師の山本雄一郎氏。4月16日の熊本地震で被災し、物資不足が続く被災地で患者対応に奔走しています。大変な状況の中、震災直後の様子をリポートしてくださいました。避難所生活の長期化が予想される中、SGLT2阻害薬による脱水も懸念しています。

熊本の本震発生から3日目。処方箋を持参せずに慢性疾患の処方薬を求める患者に、どう対応するか――。薬局薬剤師の山本雄一郎氏は、「住」「食」そして「副作用による二次被害のリスク」を念頭に、患者対応を行っています。
 熊本の本震から3日目の夜、「処方箋なしで保険調剤してもよい」という事務連絡が出されました。ある患者さんは、これまで通っていた医療機関にかかれなくなり、薬を求めて初めて来局しました。


 熊本地震から5日目。薬局の近隣の病院が再開しました。医薬品卸の企業努力によって、発注にほぼ問題はない状態に。休診中に避難所を回っていた医師から、「一包化された薬を患者さんに見せられて戸惑った」という話も聞きます。


【第59回】 


 「薬局にソクラテスがやってきた」の著者・山本雄一郎氏による熊本地震の記録。6日目を迎え、診療体制の乱れが落ち着きつつある中、山本氏は前職でもある製薬企業のMRについて思いを馳せます。MRと薬剤師に共通することは--?


【第60回】 


 熊本地震から1週間が経過した4月22日。市内の一部地域では水道が復旧し、コンビニエンスストアには商品が並ぶようになりました。薬局は再び“日常”へと戻りつつあります。

 以上、熊本地震本震の翌日からの6日間。普通の調剤薬局における記録。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 2016年4月のコラム その2 ~ヴィキラックスとCCBの併用はできるかぎり避けよう~ | トップページ | 「あまり思い詰めないほうが良いこともあります」 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/65206292

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月のコラム その3 ~熊本地震本震からの1週間~:

« 2016年4月のコラム その2 ~ヴィキラックスとCCBの併用はできるかぎり避けよう~ | トップページ | 「あまり思い詰めないほうが良いこともあります」 »