« 2016年3月のコラム その1 ~抗インフルエンザ薬の構造式とDPP-4阻害薬の構造式~ | トップページ | 2016年3月のコラム その2 ~フルボキサミンはCYP非特異的阻害剤~ »

2016年3月18日 (金)

アラミストが壊れている?

アラミスト点鼻液が出ません。
手技の確認そして手技の意味。
理解を促す一枚の写真。

CASE 180

女性 65歳 

他科受診:なし  併用薬:なし

定期処方:
Rp1) アムロジピン錠2.5mg 1錠   分1 朝食後   28日分

Rp2) フェキソフェナジン錠60mg  2錠 分2 朝・夕食後  28日分

Rp3) アラミスト点鼻液27.5μg56噴霧用 2キット

患者のコメント:
「(アラミストが)ときどき出ないことがあるの」

手技の確認:
① 使い始めの空打ちはOK
② 使用前によく振っていない

□CASE 180の薬歴
#1 アラミスト使用前に振ることの意味を理解する
 S) (アラミストが)ときどき出ないことがあるの
 O) 使用前によく振っていない
 A) よく振っていないのが原因だろう。まずその意味を知ることが必要。
 P) よく振ることでサラサラの液体になって噴霧できるようになります。
 
□解説
 アラミスト点鼻液の手技に関する話題。レバーが固いという訴えもよくある。そんなときは両手での噴霧方法を指導するとうまくいく。そして、もう一つがこれだ。「ときどき出ないことがある」このくらいならまだいいが、「液が出ない=壊れている」となることもある。

 今回のケースでは使用前に振っていないことが原因だった。アラミストの中身は粘り気のある懸濁液で、よく振ることでその液体がサラサラになり正しく噴霧できるからだ。

Photo

 
□考察
 薬をきちんと飲めない・飲まない理由の一つに、その薬の必要性を理解していないことがある。つまり、「なぜ、それが必要か」を理解していないから、服薬行動につながらない。

 アラミスト点鼻液に関する今回の訴えも同じ理屈だ。なぜ、その手技が必要なのか。それを理解していないから、おざなりになってしまったのだろう。

 よく振る目的が均一にすることなら、薬は噴霧されるはず。出ないということは壊れているに違いない、となるわけだ。こういうことは、その手技の意味を理解しておくことが対策になる。先の写真はそのよきツールになるだろう。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« 2016年3月のコラム その1 ~抗インフルエンザ薬の構造式とDPP-4阻害薬の構造式~ | トップページ | 2016年3月のコラム その2 ~フルボキサミンはCYP非特異的阻害剤~ »

(06) 製剤学(GEを含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/64263076

この記事へのトラックバック一覧です: アラミストが壊れている?:

« 2016年3月のコラム その1 ~抗インフルエンザ薬の構造式とDPP-4阻害薬の構造式~ | トップページ | 2016年3月のコラム その2 ~フルボキサミンはCYP非特異的阻害剤~ »