« アラミストが壊れている? | トップページ | 大事なものほどわからない »

2016年3月25日 (金)

2016年3月のコラム その2 ~フルボキサミンはCYP非特異的阻害剤~

2016年3月の薬局にソクラテスがやってきた」(その2)
ヒット記事再録は記念すべき第1回記事。
フルボキサミンは強力なCYP1A2阻害剤であり・・・

【ヒット記事再録】


 関連の薬歴公開は「半減期の長い睡眠薬」(2009/2/13)です。

 【ヒット記事再録】「半減期24時間のユーロジンって、飲むと1日中眠いんですか?」勉強熱心な新人薬剤師からのこんな質問。あなたならどう答えますか。
##
山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」:薬局で生じる数々の疑問を山本氏がモノローグ調で解き明かすコラム。2014年1月から連載開始。
※記事は2014年に公開されたものです。現状と異なる可能性があります。

 懐かしいですね~。これが記念すべき第1回でした。この辺のしくみもベルソムラの登場に伴い理解が深まってきました。


【第52回】


 関連の薬歴公開は「ルボックス ‐ テオドール」(2010/8/20)です。

 テルネリンの相手をどちらにするか迷いました。フルボキサミンかシプロキサシンか。じつはどちらも経験があります。今回はストーリー的にフルボキサミンを選びましたが、このフルボキサミン、現在では新規に処方されることはほとんどありません。

 記事で紹介したように、フルボキサミンは強力な
CYP1A2
阻害剤なわけですが、その正体はCYP非特異的阻害剤。下の表ではCYP2C19にも強い阻害
、CYP3A4、2C9
には中程度の阻害作用を持っています。ということは、併用禁忌以外にも多くの相互作用を考慮する必要があるわけです。

Photo

(古野拓. 臨床精神薬理 2011; 14: 1291-302)


  
* 阻害の程度については、薬物相互作用ガイドラインで示されているものとは若干違っている。そちらでは、フルボキサミンはCYP1A2と2C19は強い阻害薬と同じ記載だが、2C9や3A4では弱い阻害薬となっている。また2D6の阻害薬としての記載はない。

 * その他にも阻害の程度の記載が若干異なるものがあります。ミニ丸さんのブログが参考になります
こちら

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« アラミストが壊れている? | トップページ | 大事なものほどわからない »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/64606896

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年3月のコラム その2 ~フルボキサミンはCYP非特異的阻害剤~:

« アラミストが壊れている? | トップページ | 大事なものほどわからない »