« 積極的な待機から「新しさ」を絞り出す | トップページ | アラミストが壊れている? »

2016年3月11日 (金)

2016年3月のコラム その1 ~抗インフルエンザ薬の構造式とDPP-4阻害薬の構造式~

2016年3月の薬局にソクラテスがやってきた」(その1)
ヒット記事再録とDPP-4阻害薬の続編。
ともに構造式関連ネタ

【ヒット記事再録】


 関連の薬歴公開は「抗インフルエンザの構造式」(2013/1/25)です。

 【ヒット記事再録】リレンザが処方された12歳のKさん。薬歴の副作用歴に「リレンザで発疹」の記載が! 疑義照会するときは、ドクターに代案を提示したいけど…。

 ※記事は2014年に公開されたものです。現状と異なる可能性があります。

 「現状と異なる可能性があります」たしかに。今なら次の可能性も考えないといけないでしょう。


【第51回】


 2014/12/22のコラム「DPP-4阻害薬を構造で分類してみる」の続編です。

 同じ薬効群なのに基本骨格を持たないDPP-4阻害薬。その中で同じシアノピロリジン系といってまとめようとしましたが、それは間違いでした。

 薬力学的な分類としての結合様式による分類、完成版です。

Photo

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 積極的な待機から「新しさ」を絞り出す | トップページ | アラミストが壊れている? »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/64355945

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年3月のコラム その1 ~抗インフルエンザ薬の構造式とDPP-4阻害薬の構造式~:

« 積極的な待機から「新しさ」を絞り出す | トップページ | アラミストが壊れている? »