« 「探偵のように推理し、患者の暮らしを守る」 | トップページ | サーチ実践例と勉強会のご案内 »

2016年1月29日 (金)

2016年1月のコラム ~ニフェジピン‐CAMとランサップが二規格ある理由~

2016年1月の薬局にソクラテスがやってきた
ニフェジピンとクラリスロマイシンの併用注意
コラボ企画第2弾!

【第47回】



 「クラリスロマイシンのCYP3A4阻害作用は、併用後すぐには起こらず、4~10日後に生じることが多い。そして、投与中止後も影響がしばらく残る」というタイムラグの問題。

 クラリスロマイシン(CAM)が3日分の処方だったら? 併用が終わったあとに影響がでることになる。そこまで視野に入れないといけないといけないわけです。

Photo_2

(出典:杉山正康編著『薬の相互作用としくみ 全面改訂版』[日経BP社、2012])
 
 

【第48回】


 コラボ企画第2弾です(第1弾は熊谷さんのコラムにお邪魔しました)。今回はEBMの伝道師とのコラボ。青島さんにソクラテスの世界にお越しいただきました。いらっしゃいませ~。

 前半は青島さんとのFB上での実際のやり取りをもとに作成しています。そして後半は、実際に青島さんを召喚しています。

 また、コラムの中で、ピロリ菌の除菌パック製剤が登場します。とうぜん、CAM800mg配合の製剤は、それだけリスクなわけです。当時はタケキャブもなく、ランサップなどでの除菌がメインでしたが、今では当局はタケキャブのレシピばかりです(「

 そもそも除菌パック製剤の400と800ではどのくらい除菌率に差があるのでしょうか? 例えばランサップ。
武田薬品の使用成績調査によると、その除菌率は
400で80.7%(95%CI 78.79-82.45)、
800で80.2%(95%CI 77.26-82.92)と、その差はほとんどなく、同等といっていいようです。ただし、
喫煙者においてはCAM800mgの方が400mgより除菌率が高いという報告もがあります(
Ishioka H, et al. Digestion 75:P63-68 2007.)。しかし、これは後からわかったこと(タバコによる胃血流量の低下が原因で、除菌実施中はやはり禁煙すべきですね)。

 では、なぜ除菌レシピが二つ存在することになったのでしょう。これは
発売当時の使用実態調査を基にしたという理由であって、確固たる根拠があったわけではないようです。
タケキャブのパック製剤の発売が待たれるところですが、400のみの検討と聞いています。除菌率の高さからいくと、さもありなんという感じです。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 「探偵のように推理し、患者の暮らしを守る」 | トップページ | サーチ実践例と勉強会のご案内 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月のコラム ~ニフェジピン‐CAMとランサップが二規格ある理由~:

« 「探偵のように推理し、患者の暮らしを守る」 | トップページ | サーチ実践例と勉強会のご案内 »