« 「ソクラテス流・CCrとeGFRの使い分け」の補足・訂正 | トップページ | 「薬局にソクラテスがやってきた」2015年記事一覧 »

2015年12月25日 (金)

2015年12月のコラム ~リリカの別の話題と腎機能の評価それ自体~

2015年12月の薬局にソクラテスがやってきた
リリカが徐波睡眠を増やす?
添付文書のCCrはなんでeGFRなの?

【第45回】


 関連の薬歴公開は「リリカの用法と浮動性めまいの発現率」です。

 前半はリリカの副作用の特徴、後半は用法とめまいの発現率の関係、という構成です。

Ririka

 では、リリカの就寝前の服用はどうなの? そのままぐっすり寝てしまえば(中途覚醒がなければ)問題はないでしょう。それよりも僕が気になるのは“徐波睡眠(ノンレム睡眠)が増える”という噂。

 ラット(*1)や健康成人(*2)では徐波睡眠が増えるという報告があるようです。睡眠薬が減らせるかも! いやいや、夜中の転倒が増えるのでは? だって空腹時だし、睡眠薬を併用するようなものでしょ?

 とりあえず、リリカが就寝前で処方されたときに、睡眠薬の減薬を提案するというのも手かもしれません。

 *1:Kubota T, Fang J, Meltzer LT, et al.:Pregabalin enhances non rapid eye movement sleep. J Pharmacol Exp Ther 299:1095-1105, 2001

  *2:Hindmarch I, Dawson J, Stanley N:A double-blind study in healthy volunteers to assess the effects on sleep of pregabalin compared with alprazolam and placebo. Sleep 28:187-193,2005
 

【第46回】


 今年の最後の記事は何にしようかな~と迷いましたが、腎機能の評価に関することにしました。「ソクラテス流・CCrとeGFRの使い分け」の補足・訂正(2015/12/18)も併せてご覧ください。

 
基本はeGFR(mL/min)です。いちばん正確ですから。ただ現場では、患者さんによっては、S-Crだけで事足りることもあります。もちろん
ハイリスク薬では
eGFRを使うべきですが、患者さんの状態によっては、CCrを使うこともあります

 さらに、添付文書のCCrはeGFRと同じです(下の図5参照)。もちろん、検査結果に載っているeGFRではないですよ。単位を省略するとわけがわからなくなりますね。

Ccrgfr

 平田純生編集『腎臓病薬物療法ベーシック』じほう P. 28 より
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 「ソクラテス流・CCrとeGFRの使い分け」の補足・訂正 | トップページ | 「薬局にソクラテスがやってきた」2015年記事一覧 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年12月のコラム ~リリカの別の話題と腎機能の評価それ自体~:

« 「ソクラテス流・CCrとeGFRの使い分け」の補足・訂正 | トップページ | 「薬局にソクラテスがやってきた」2015年記事一覧 »