« 清張記念館 | トップページ | 「考えるといってもいろいろな考え方があるけれども、生活習慣として見れば、それほど難しいことはない」 »

2015年4月24日 (金)

2015年4月のコラム ~SGLT2i特集~

2015年4月の「薬局にソクラテスがやってきた
SGLT2iはクラスエフェクトでいいと思う。
わずかな差よりも重篤副作用の予防・早期発見だ。

30fig1

 第30回、31回はともにSGLT2阻害薬がテーマです。薬歴公開では「SGLT2とBGの危ない関係」で話題にしています。

【第30回】


 僕自身、「かゆみ=アレルギー性の副作用」と考えていました。乾燥、脱水から、つまり薬理作用が関与する副作用が多く含まれているという事実を知ったときは驚きました。まったく、想定すらしていなかったものですから。

 指摘されるとそのような患者にも遭遇するようになりました。そして、保湿対策でSGLT2阻害薬を続けることができる患者も。

 ただし、気をつけてほしいことは、「SGLT2阻害薬の皮膚症状=乾燥、脱水」と安易に考えてはならないということです。まずは重篤な副作用ではないか、と疑うことが大事です。

 *「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」はこちら

【第31回】


 本記事のメインテーマはSGLT2阻害薬という薬効群に関する考察です。

 各社が訴えるSGLT2への選択性のその数字に意味があるのか? そもそも選択性は高い方がいいのか? SGLT1/2阻害薬の開発も進んでいると聞きます。

 僕の意見としては、あくまでこの薬効群はクラスエフェクトでいいと考えています。その差はわずかではっきりとしない。それよりも共通して存在する重篤な副作用の予防(ならびに早期発見)に努めるべきだと思うのです。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 清張記念館 | トップページ | 「考えるといってもいろいろな考え方があるけれども、生活習慣として見れば、それほど難しいことはない」 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年4月のコラム ~SGLT2i特集~:

« 清張記念館 | トップページ | 「考えるといってもいろいろな考え方があるけれども、生活習慣として見れば、それほど難しいことはない」 »