« アピキサバンの「間質性肺疾患」について | トップページ | 「刻むことでしか、形は見えてこない」 »

2015年3月27日 (金)

2015年3月のコラム~NOACとNOAC、NOACとWF~

2015年3月の「薬局にソクラテスがやってきた
NOACはクラスエフェクトでよいのか?
僕たちはWFを本当に理解しているのか?


【第28回】


 関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。

 「(NOACには)クラスエフェクトでは済まされない歴然とした差異がある」これがこの記事で言いたかったことです。効果面、安全面、相互作用、排泄などなど。

Thumb_541149_28fig2rr

 その中でも特徴的な腎排泄の面を話題の中心に据えました。おそらく透析患者においてもエリキュースとリクシアナのほうが安全なのじゃないかなとも思います(でも、そんなことになったら、日本の医療費はまた確実に・・・)。

 この記事の参考資料は、下の『New and New』です。

【第29回】


 こちらも関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。

 NOACの話題を耳目するたびに思うことは、NOACの本当のメリットというものが理解されていないのではないか? ということです。それは畢竟、ワーファリンを理解したつもりになっている、ということでもあります。

 そして、じつはもう一つ、NOACの利点を忘れていました。それは守備範囲の広さです。NOACはCHADS2(チャッズ・ツー)スコアが1点から推奨されているのに対して、ワーファリンのそれは2点以上です(この理由は記事の内容とオーバーラップしますので割愛)。CHADS2スコアに関しては、2014年7月のコラムで紹介しています。

 また、そうは言っても、昨今の日本の医療経済事情に鑑みると、諸手を挙げて、NOACを歓迎するわけにもいかないこともよく理解できます。さらに、生保の方には遠慮なく、NOACが使われているなんて状況も生まれており、なんとも言えない気持ちになってしまいます。

 この記事で用いた引用は、下の『Old and New』からです。

山下先生の上記の2冊を読み込めば、NOACをかなりマスターすることができます。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« アピキサバンの「間質性肺疾患」について | トップページ | 「刻むことでしか、形は見えてこない」 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

いつも大変勉強させて頂いております。
この度、ブログの方に日経DIの記事をリンクさせて頂きました。
実際の現場で非常に役に立ちましたこと、御礼申し上げます。
記事も見て頂けると幸いです。

投稿: ルルル | 2015年4月 7日 (火) 00時01分

ルルルさん、ブログ見ました。
ありがとうございます。

「お薬手帳がなかったら、気付けなかったと思います」
「多数の病院にかかっていない方でも、役に立つ事があるんです!!」

ほんとそうですね。いいケースを紹介していただきました。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: ひのくにノ薬局薬剤師。 | 2015年4月 7日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年3月のコラム~NOACとNOAC、NOACとWF~:

« アピキサバンの「間質性肺疾患」について | トップページ | 「刻むことでしか、形は見えてこない」 »