« “本物の薬剤師!” 養成講座 in 大分 | トップページ | 「過去と現在の問題を現実の中でどのように析出していくか」 »

2015年1月30日 (金)

2015年1月のコラム

2015年1月の「薬局にソクラテスがやってきた
ウルソの薬理作用。
タミフルの投与量とCG式の特徴。


【第24回】


 知っているようで知らない薬シリーズ。関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。


 記事ではウルソの基本的な薬理作用を展開しています。続けて服用することの大切さがわかります。

 また、ウルソを服用すると胆石による疼痛などの緩和がみられます。これは絵でみると一目瞭然です。増えた胆汁が胆のうにたまり、その結果として、刺激をやわらげるわけです。

Photo

【第25回】


 この時期はインフルエンザネタですね。関連の薬歴公開は、「CASE 155  寝たきり患者へのタミフル」です。

 S-Crが当てになりそうにない場合の考え方の一つとしてご紹介。やはりここでも数字に囚われることなく、患者さんをよく観察しようということなのだと思います。

 また、記事のコメントでも書きましたが、透析患者さんの場合は1カプセルを1回ポッキリです(関連記事:CASE 154  透析患者へのファムビル)。

 ちなみに、昨年のインフルエンザ関連記事はこちら。あわせてどうぞ。
2014/2/4 「リレンザで発疹歴のある患者さんにイナビルを投与してもいいですか?


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« “本物の薬剤師!” 養成講座 in 大分 | トップページ | 「過去と現在の問題を現実の中でどのように析出していくか」 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年1月のコラム:

« “本物の薬剤師!” 養成講座 in 大分 | トップページ | 「過去と現在の問題を現実の中でどのように析出していくか」 »