« 日経DIクイズ11月号 Ca拮抗薬の違い | トップページ | 臓器にはそれぞれの「時間」があり、「記憶」がある »

2014年11月28日 (金)

知っているようで知らない薬「メトグルコ」特集!

2014年11月の「薬局にソクラテスがやってきた
メトグルコの実力と副作用。
そこにあるちょっとした誤解。


【第20回】


 メトグルコ前編です。関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。この記事は本当にたくさんの方に読んでいただきました。11月24日のランキングでは「昨日」「週間」「月間」の三冠! ありがとうございました。

 さて内容ですが、若い薬剤師に糖尿病薬を強い順に挙げてもらうとだいたい記事のような順番になります。そしてそれは、低血糖の出やすい順番であることが多く、そういったイメージに引っ張られていることがよくわかります。

 糖尿病の治療の歴史は合併症の克服と新たな合併症への対応の繰り返しのように見えます。つまり高血糖昏睡に始まって、三大合併症、心血管系イベント、そして新しい合併症としてのガン。ここまで視野の射程に入れた治療、それがメトグルコには期待できると考えています。


【第21回】


 メトグルコ後編です。関連の薬歴公開は、「CASE 163 SGLT2とBGの危ない関係」です。

 高用量が使われるようになり、その力を発揮し始めたメトグルコですが、安全性はどうなのでしょうか?

 BGの副作用といえば「乳酸アシドーシス」。これを予防するために注意すべきことは果たして用量なのか。否。それは用量のコントロールでは対応できません。

 乳酸アシドーシスをおこさないようにするための対策、それは「点での対応」では不充分です。そのモニタリング・ピリオドは服用している間ずっと続いていくのです。


にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« 日経DIクイズ11月号 Ca拮抗薬の違い | トップページ | 臓器にはそれぞれの「時間」があり、「記憶」がある »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知っているようで知らない薬「メトグルコ」特集!:

« 日経DIクイズ11月号 Ca拮抗薬の違い | トップページ | 臓器にはそれぞれの「時間」があり、「記憶」がある »