« ふぁるまね No.15 に取り上げていただきました! | トップページ | 因果関係、常識、そして五臓六腑の謎 »

2014年10月31日 (金)

言葉は違いを隠蔽し、言葉は概念を引き連れる。言葉が障壁になっているかもしれないお話。

2014年10月の「薬局にソクラテスがやってきた
登場する薬はロキソニン、セレコックス、バファリン

汎用薬が十分に理解されているかと言えば・・・。


【第18回】


 添付文書解読ネタです。関連の薬歴公開は「CASE 142 NSAIDsの禁忌「重篤な肝障害」とは?」です。


 意外とこの禁忌の設定理由は知られていません。気が付いていない方もいれば、気が付いているけどそういうのって結構あるからとスルーしている方もいれば、いやいや肝臓は予備能が高いからと考えている方もおられるようです。もちろん全部違います。そういう理由はけっこうIFなどにはっきりと書かれていたりします。

 記事の中でkikoさんからコメントを頂いていました。

 同じ「重篤な肝障害に禁忌」であっても、禁忌に設定された理由はそれぞれ違う。だが「重篤な肝障害に禁忌」という言葉で記述してしまうと、その違いが隠れてしまう。その違いを薬剤師は薬理作用などを理解することで正しく認識し、正しく対処しないといけない。

 言葉が違いを隠ぺいするという指摘。まさにその通り。

 言葉こそが「同じ」と「違う」の間で、微妙なつり合いを保つ。そこを「怠けたら」、世界はひたすら同一化する(@養老孟司)

 このフレーズを思い出した。まさに添付文書の表現は、「そこを怠けている」としかいいようがない。これに対する解毒剤は一つ。感覚世界、つまり現場だ。そこには「同じなんてない、違いしかない」からだ。

 あと副作用からの視点で分野を横断するためには「重篤副作用疾患別対応マニュアル」が便利です。

 肝腎な「腎」の話はまたいつか。


【第19回】


 薬理学ネタです。関連の薬歴公開はなく、日経DIクイズ16「QUIZ 16 高用量アスピリンは“抗血小板か”」の設定を変更してみました。

 アスピリンジレンマ。この概念を説明しようと思えば、薬剤師ならなんなくできる。ではリアルワールドで、バファリン錠81mgやバイアスピリン錠100mgを服用している方が、バファリン錠330mgを服用したらどうなるでしょうか? 

 僕が学生の頃に授業で習った内容は役に立ちませんでした。いや、むしろ混乱の原因と言ってもいい。当時は臨床経験のある先生がほとんどいなかったから仕方がないのかも・・・。案外、医師のほうが正しく対応できているかもしれませんね。

 この命題が正しいとすれば、薬剤師がOTCのバファリンを販売する際には「抗血小板薬を販売しているのことになるかもしれない」と想定しておくことが必要になるわけです。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« ふぁるまね No.15 に取り上げていただきました! | トップページ | 因果関係、常識、そして五臓六腑の謎 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉は違いを隠蔽し、言葉は概念を引き連れる。言葉が障壁になっているかもしれないお話。:

« ふぁるまね No.15 に取り上げていただきました! | トップページ | 因果関係、常識、そして五臓六腑の謎 »