« スタチンによる糖尿病発症のリスク上昇について | トップページ | 素直に「遊び」を肯定し、できればその先へ! »

2014年6月27日 (金)

基本骨格が同じでも違う薬理作用を有するものと基本骨格がなくても同じ薬理作用を有するもの

2014年6月の「薬局にソクラテスがやってきた
ARBのクラスエフェクトを打破する。
基本骨格を有しない同一薬効群というカテゴリ

【第10回】
2014/06/03 「オルメテックがアルドステロン・ブレイクスルーを起こしにくいのはなぜ?

 薬理学ネタです。関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。  

 サブタイトルを付けるなら、ARBの違い その1(その2は日経DIクイズにて展開予定です)。とかくクラスエフェクトが謳われ、その強さ、降圧効果だけに焦点が当てられがちなこの薬効群。でも血圧が下がってもいても、アルドステロン・ブレイクスルーを起こしていたら、病態によってはまったく意味をなさなくなってしまいます。 

 じつはこの話には続きがあります。記事のカスケードのその先の話です。まだ論文的なものがないので、展開はできませんが、辻褄は合っているんです。これがほんとうなら、ARBも捨てたものではないわけですが・・・。

【第11回】

 構造式ネタです。関連の薬歴公開は「CASE 158  アリセプトで副作用が出た患者に、リバスタッチパッチは大丈夫?」です。

 Blogの考察を丁寧に展開してみました(編集者さんの助けを借りますと、すばらしいものになります。図や表があると、ぜんぜん違いますし、リーダビリティなものになります)。

 基本骨格を有しない同一薬効群というカテゴリ。これだけ構造式を異にしておきながら、共通の薬理作用を有しているほうが驚きとも言えます。スイッチングという利点があるわけですが、逆に言えば、副作用も特有のものがあってもおかしくはないと思っています。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

 

|

« スタチンによる糖尿病発症のリスク上昇について | トップページ | 素直に「遊び」を肯定し、できればその先へ! »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基本骨格が同じでも違う薬理作用を有するものと基本骨格がなくても同じ薬理作用を有するもの:

« スタチンによる糖尿病発症のリスク上昇について | トップページ | 素直に「遊び」を肯定し、できればその先へ! »