« 1日1回と1日2回 ~複雑な内容とシンプルな内容~ | トップページ | どのように生きるべきか? »

2014年5月30日 (金)

日経DI 5月号と服薬ケア研究会 第53回例会のご案内

日経DI 5月号
湿製錠ってご存じですか?
そして、服薬ケア研究会からのご案内

【日経DI 2014年5月】

日経DIクイズ2 「デパス錠が飲み込みづらい場合の代替薬」

Cover201405

 エーザイグループの湿製錠を知っている人なら即答できた問題でした。たしかに知っているか知らないかだけなんですが、その情報は添付文書に載っていません。昔の添付文書では、商品名の下に製品の特長を記載するスペースがあったらしく、そこで案内をしていたようです。でもいまはない。だから、その特長を活かすには知っていないとどうしようもありません。記事内容を読んでいただければ、湿製錠についてはだいたい理解できると思います。

 ジェネリックにするかどうかを選ぶのは患者さんです。そして、どのジェネリックを選ぶのか、これは薬剤師の仕事です。なぜなら、ジェネリックの分野は製剤学の分野であり、医療者の中で製剤学を学んできているのは薬剤師だけだからです。ぼくはそう思います。だからこそ、半ば埋れた感のある製剤学の情報を掘り出してみました。

 しかしさいきん、「EMEC」の略号は「EE」となり、湿性錠の製品が新たに出てきていません。ふつうの口腔内崩壊錠ばかりです。やはり、これはブランド品に似ていないから売れないということなのでしょう。

 そもそもエルメッドの由来はElderly Medicine(高齢者向け医薬品)で、飲み込む力が弱く、唾液も少ない、そんな高齢者が薬を上手に服用できるように、というコンセプトのもとにEMECが設立されています。その理念のもとに湿製錠があって、EMECが1996年4月にスタートしたのと同時に湿製錠での販売も始まっています。

 であるならば、ブランド品に似せることを優先してよいのでしょうか? ブランド品が優れているのなら、それは致し方ない。でも製剤的に優れている特長を、技術を有しながら、ただ売れないからブランド品に似せて作るのであれば、これは情けない。設立の理念はどこにいったのでしょう。そう思いながら、このクイズを作りました。

【服薬ケア研究会 第53回例会】

「頭の中を POS に」特別編

 皆さん、服薬指導に自信はありますか?

 このワークは、薬剤師の患者応対を数段レベルアップさせる、大変ためになる演習です。ワークでは、模擬患者を一人おき、模擬症例を元にして、患者役とやり取りしながら服薬指導を組み立てて行きます。

 薬学的な注意点からコミュニケーション技術まで、すべてを学べる薬剤師としての実力を総合的に高める演習です。何度も参加すると、疾患別の服薬指導の要点も身に付きます。誰もが一度は参加して欲しいワークです。皆様のご参加をお待ちしております。

 *日時:平成26年6月22日(日) 10:00~16:00
 *場所:鹿児島市勤労者交流センター(よかセンター)
     (〒890-0053 鹿児島市中央町10番地 tel:099-285-0003)

 *内容:「頭の中を POS に」ワーク特別編 (症例#21)
 *タイムスケジュール(予定) ※ワーク途中昼休みを挟みます
       10:00~11:00 講義「服薬指導の組み立て方」
       11:00~16:00 全体ワーク「頭の中を POS に」演習

 *講師:服薬ケア研究会会頭 岡村 祐聡先生
 *参加費:一般 会員 4,000 円 非会員 6,000 円
 *参加人数:ワーク席 10 名 オブザーバー席 40名
         先着順(入金をもって正式に受付とします)

 お申し込みはこちら

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 
 
 
 
 
 

|

« 1日1回と1日2回 ~複雑な内容とシンプルな内容~ | トップページ | どのように生きるべきか? »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/56330835

この記事へのトラックバック一覧です: 日経DI 5月号と服薬ケア研究会 第53回例会のご案内:

« 1日1回と1日2回 ~複雑な内容とシンプルな内容~ | トップページ | どのように生きるべきか? »