« 日経DI 3月号と4月号、そしてアプローチ | トップページ | 感覚に訴える。そして、「解」があって「問い」がない。 »

2014年4月25日 (金)

2014年4月のコラム ~「薬のキャラクタ」と「薬効群のキャラクタ」~

シベノールという薬のキャラクターとスタチンという薬効群。
それぞれの枠で、その特徴をおさえる。

【第6回】


 シベノールの初期投与量については、患者の腎機能(S-Cr)が良い悪いだけでなく、患者の体格(体重)も把握していなければ、Ccrを算出できないし、記事のノモグラムも使えません。

 また、シベノール(やリスモダン)が過量になると、薬の分布が変わります。心臓でQT延長のリスクになるだけではなく、膵臓でKチャネル遮断作用が現われてしまう。だから、低血糖という副作用が生じるわけです。

【第7回】

 こちらは新しい切り口。スタチン群を薬理学で考えてみました。関連の薬歴公開はなく、書き下ろしです。

 この質問、じつは意外に受けます。質問自体の答えはわかりません。でも、この質問の根拠が薬物動態学に、つまり定常状態になるかどうかに由来するのなら、その考え方は間違っています。

 たとえばメバロチン。このスタチンは1日1回で飲んでも、2回に分けても効果は変わらない。朝飲んでも夜飲んでも同じ。だから定常状態になっていると思い込んでしまったのでしょうか?

 スタチンネタはたくさんあります。なんせ昔は、毎日スタチンを売っていましたから。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

2014.4.25 9:50 追記

スタチンの隔日投与について、るるー主さんが薬剤師4コマ劇場R2の中で触れられていました。記事はこちら。別の視点から、この患者なら「ぶっちゃけ、どっちでもよくね」に着地しています(笑)。

|

« 日経DI 3月号と4月号、そしてアプローチ | トップページ | 感覚に訴える。そして、「解」があって「問い」がない。 »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年4月のコラム ~「薬のキャラクタ」と「薬効群のキャラクタ」~:

« 日経DI 3月号と4月号、そしてアプローチ | トップページ | 感覚に訴える。そして、「解」があって「問い」がない。 »