« 情報リテラシーと多くの人が見落としている真実 | トップページ | 問題の本質は思想レベルにあるのかもしれない »

2014年3月28日 (金)

2014年3月のコラム ~「OATP1B1」と「P-糖蛋白」~

2014年3月の「薬局にソクラテスがやってきた
OATP1B1とP-糖蛋白
トランスポータにまつわる話題

【第4回】

2014/03/04 「グリベンクラミドにリファンピシンを併用して低血糖が起きたのはなぜ?

 相互作用ネタ。関連の薬歴公開はなく、書きおろしです。

 CYP2C9で主に代謝されるグリベンクラミドにCYP誘導剤で有名なリファンピシンを併用すれば、とうぜんグリベンクラミドの効果が減弱する。教科書的にはそうです。でも違う。リファンピシンはOATP1B1阻害剤でもあるからです。

 そして、さらに複雑系の様相を呈していきます。実際には経験したことのない相互作用ですが、おもしろいのでご紹介。

 

【第5回】

2014/03/18 「プラザキサとイグザレルトってどちらもP-糖蛋白の基質なのに、なぜこうも違うの?

 こちらもトランスポータネタです。関連の薬歴公開は「CASE 135 アムロジピンとGFJをどのように指導しますか?」です。

 今が旬のNOACの話題ですが、話の重心はGFJとの相互作用へと移っていきます。

 GFJは小腸でのCYP3A4及びP-糖蛋白阻害剤。そして、この相互作用を考えるうえで必要なパラメータが「バイオアベイラビリティ(BA)」です。

 ちなみにBAが小さい薬は、個人差も大きくなりがちなので、その点も注意するように心がけています。

 
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

|

« 情報リテラシーと多くの人が見落としている真実 | トップページ | 問題の本質は思想レベルにあるのかもしれない »

(17) 今月のコラム(DI online)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年3月のコラム ~「OATP1B1」と「P-糖蛋白」~:

« 情報リテラシーと多くの人が見落としている真実 | トップページ | 問題の本質は思想レベルにあるのかもしれない »