« ユニークな生薬 ~どこに連れていくのか~ | トップページ | アイデンティティにまつわる問題 »

2013年12月27日 (金)

2013年のふりかえりと2014年の抱負

2013年ラストの記事。
ということで、ふりかえりと抱負。
ブログは6年目に突入しました。

【ブログの内容】
 今年も週一回の更新を続けることができました。症例が2本と本を読んで考えたこと、そして漢方薬。枠組みを決めて、決めた日程に沿って書いていく。でもそれは「書かないといけない」状態にもっていくためのルールではありません。

 「言いたいことがあるから書いている」のですが、真っ白の状態から書くのはとても難しい。そのためのルールなんです。言いたいことはたくさんあるけれど、自由に書いていいとなるとキーボードを打つ指が止まってしまう。だから制約を加える。限定すると限られたものの中からのチョイスになるので、はじめの一歩が踏み出しやすくなります。

 そして、書きすすめると言いたいことが変わってくることがあって、「ほんとうに言いたいことはこれだったのか」ということが起きてしまう。それはとても楽しいことです。ということで、2014年もこのスタイルを継続していこうと思います。

【2014年の予定】
 ブログで実名を公開してから、講演や取材、そして日経DIクイズの執筆など、2013年は活動の幅が広がる年となりました。すべては「薬剤師ブロガーセミナー」からだったような気がします。

 また、現在は誰もが発信できる時代ではありますが、匿名ではほんとうの信頼は得られないということを痛感した年でもありました。

 2014年もぼくの目標である「薬局薬学のエディタ」を目指し、ブログはもちろん、日経DIクイズ、安心処方infoboxのサーチ実践例などを継続していこうと思います。そして新たな活動として、日経DIオンラインのコラムにもチャレンジしていくことになりました。

 ぼくの発信が、とくに若い世代の薬剤師の何かのきっかけになるならば、こんなにうれしいことはありません。

【薬局薬学のエディタ】
 ばくは常に現場にいます。常に具体的なことから出発します。そこにはいつもジレンマのようなものがあって、逡巡を繰り返しています。

 一方で「正しい」ことがあります。それに反論することはできません。なぜなら、それは「正しい」からです。でもぼくは、「正しい」ことだけを選択していこうとは思いません。それはときにぼくのやる気を削ぎ、患者に不利益をもたらします。

 だからぼくは、「薬局薬学のエディタ」として、文脈ごとに、あるいはそのコンテンツではなく書き方や表現の仕方を通して、ぼくのモノローグを通して、何かを伝えることができたらいいなと思っています。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« ユニークな生薬 ~どこに連れていくのか~ | トップページ | アイデンティティにまつわる問題 »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/54396521

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のふりかえりと2014年の抱負:

« ユニークな生薬 ~どこに連れていくのか~ | トップページ | アイデンティティにまつわる問題 »