« 四物湯とその派生処方 その3 | トップページ | 「音楽家が不眠で美しい曲を書くのなら、それは美しい不眠というものだ」 »

2012年12月28日 (金)

2012年のふりかえりと2013年の抱負

2012年のラスト。ということで、ふりかえりと抱負。
このブログも5年目に突入しました。
みなさまの応援ならびにコメントに感謝します

【ブログの内容について】

 内容はともかくも週一回の更新を続けることができました。拍手。パチパチ。じぶんで決めたことをやり遂げるのも、なかなかにたいへんでした。なんせ誰からもお叱りをうけるわけでもなく、なにをもらえるわけでもない。有言実行。いやただ実行あるのみです。

 さて内容としては、本棚(今月の一冊)と漢方が月に一回ずつと症例が月に二例。

 まず漢方は基本8処方が完成までもう少し。これはもう少しだけ継続。

 本棚は引用文の一つひとつをじぶんにひきつけて考えるようにしています。それに対して症例では、具体的な内容から不純物を取りのぞき、その考察において抽象化を図るつもりでした(たんに感想に終始した感も否めないことも・・・)。

 だから、いやむしろ、新薬や時事ネタ的なものには飛びつかないようにしています。じぶんの中でひっかかった症例をとくに脈絡もなく、来年も取り上げていきたいと思います。

 

【2013年の予定】

 2012年は出会いの年となりました。とくに日薬の前夜祭。浜松某所で行われた川添祭りでは、そのお人柄や薬学知識、行動力などにあやかりたいと、川添師匠の頭を我先にと・・・。

Photo

 川添師匠の頭を争っている男性がぼくと熊谷兄貴です。
 

 そして、この写真を撮ってくれたのが、ジョブズ原崎氏。その原崎氏が、薬局のオモテとウラの熊谷兄貴とひのくにノ薬局薬剤師で、なにやら企画してくれているとのことで、とても楽しみにしています。これが予定その一。

 もうひとつ、予定その二。2013年11月23・24日に東京で行われる第3回服薬ケア研究会学術大会でお話をさせていただくことになりました。もうこれは岡村会頭のご指名ですから断れません。

 せっかくの機会ですから、さらなる抽象化を図ってみたいと思っています。

【薬局薬学のエディタ】

 いまはただただじぶんの勉強のため、じぶんの人間力アップのために思考をまとめています。でも、そのことが逆説的に、どこかの薬剤師の役に立つことがあるのなら、こんなにうれしいことはありません。

 なぜこんなブログをしているのか。目指す薬剤師像に近づくため。もちろんそれもあります。でもいちばんの動機は、ぼくの目標が「薬局薬学のエディタになる」ことだからです。この目標はもう何年も変わることがありません。

 いろんな薬学知識を現場で使える形にする。いまはただただ公開しているだけですが、もっともっと一般化していきたい。そして薬局薬剤師の視点から、新たな医薬品情報を創っていくことができれば、と思っています。

 それでは、来年もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

|

« 四物湯とその派生処方 その3 | トップページ | 「音楽家が不眠で美しい曲を書くのなら、それは美しい不眠というものだ」 »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/48466449

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年のふりかえりと2013年の抱負:

» 薬剤師的話題(2012.12.29):海外で薬剤師として働きたい! 他 [薬局のオモテとウラ]
▽ クラシエ薬品など、「漢方薬」に関する意識調査、漢方薬の服用経験者は7年前の2倍以上に - マイライフ手帳@ニュース 漢方薬に関するイメージは、「体にやさしそう」(60.0%)、「副作用がなさそう」(52.3%)、「体質から改善できそう」(37.1%)といったプラスイ…... [続きを読む]

受信: 2012年12月29日 (土) 21時00分

« 四物湯とその派生処方 その3 | トップページ | 「音楽家が不眠で美しい曲を書くのなら、それは美しい不眠というものだ」 »