« 四物湯とその派生処方 その2 | トップページ | メッセージのレベルと宛名 »

2012年7月27日 (金)

ハンドリング問題を解決するジェネリック

錠剤は小さいほうがいい?
嚥下とハンドリングのバランス
GE(ジェネリック)の次のステージへ

CASE 122

85歳 男性  

他科受診:なし  併用薬 :なし

定期処方:
Rp1) アマリール錠0.5mg 1T・バイアスピリン錠100mg 1T・タケプロンOD錠15mg 1T / 1x朝食後 28日分
  2) パントシン錠100mg 3T・マグミット錠330mg 3T / 3x毎食後 28日分
  3) アトルバスタチン錠10mg 1T・タムスロシン錠0.2mg 1T / 1x夕食後 28日分
 4) マイスリー錠5mg 1T・デパス錠0.5mg 1T・プルゼニド錠 2T / 1x就寝前
 5) カリーユニ点眼液 5mL 1本
 
*Rp1)~3)は一包化

患者の息子から得られた情報(本人といっしょに来局):
① アマリール錠はつかみにくいみたいで、唾を指先につけてくっつけている。
② (一包化の)袋のなかにアマリール錠だけが残っていることがある。
③ 嚥下は問題ない。

薬歴(特記)から得られた情報:
① GEは差額の大きいもののみ希望
② タケプロンは「アスピリン潰瘍予防」のため変更不可

GE変更: アマリール錠0.5mg → グリメピリド錠0.5mg「三和」

□CASE 122の薬歴
#1 ハンドリングを考慮してグリメピリド錠「三和」に変更する
  S)アマリール錠はつかみにくいみたいで、唾を指先につけてくっつけている。
   (一包化の)袋のなかにアマリール錠だけが残っていることがある。
 O) 特記より「GEは差額の大きいもののみ希望」
    嚥下はNP
 A) GEへの理解がないわけではないので、ハンドリングを考慮し、
    アマリールもGE変更したほうがいいだろう
 P) アマリールをGEへ変更する。
    前よりも大きく、楕円なのでつかみやすい。
   色もついているので見落としにくい。
    食事がとれないなど、飲めないときの識別にも便利。   
 
□解説
 「アマリール錠はつかみにくいみたいで、唾を指先につけてくっつけている」「(一包化の)袋のなかにアマリール錠だけが残っていることがある」この二つの情報にフォーカスする。

 たしかにアマリール錠0.5mgは小さい。

05
 ここですぐにGEが頭に浮かぶ。

 特記を見るとジェネリックに理解がないわけではない。28日分で7円しか安くならない(1割負担)ので変更になっていないだけだ。

 そこで、グリメピリド錠0.5mg「三和」を紹介する。

Photo_4
 これでハンドリング問題は解決だ。おまけにシックデイなどのときの識別にも役に立つ。まさに一石二鳥だ。
 

□考察
 「高齢者は嚥下の悪いかたが多い。だから錠剤は小さい方がいい」というのは早計だ。小さすぎると今度はつまみにくい。さらに見落としもある。

 薬剤のサイズを考えるうえでは、嚥下とハンドリングという二つの視点が必要だろう。

 グリメピリド錠0.5mg「三和」でハンドリングは問題ない。もし、この患者の嚥下が悪ければ、OD錠を用意してあげればいい、と言いたいところだが、0.5mgのOD錠はないようだ。

 ところで、OD錠はなにかと評判が悪い。まず在庫の問題。つぎに市場するタイミングが、GE対策と思われても仕方がないからだ。

 しかし分包機で壊れない硬度なら、やはりOD錠は嚥下、ハンドリングともに有用なケースが多い。ただし、唾でもむせるくらいに嚥下の悪い方にはOD錠は不向きなので注意が必要だ。

 最後に、グリメピリド錠0.5mg「三和」のIFを紐解いてみる。

1.開発の経緯
 グリメピリドは、第3世代のスルホニルウレア系経口血糖降下剤(SU剤)として1995年6月にオランダで承認され、現在は世界70ヵ国以上で使用されている。
 グリメピリド錠0.5mg「三和」、グリメピリド錠1mg「三和」は、扱いやすいサイズ及び形状とすることで分割がしやすく、用量調節しやすい製剤で、しかも分割したときの成分含有量が均一の製剤を設計目標とし、㈱三和化学研究所により後発医薬品として開発された。

 なるほど。もともとハンドリングの問題も想定されていたわけだ。今回は偶然だったが、GEの採用薬を考えるうえで、薬剤サイズの問題も忘れずに考量したい。

 
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

 

|

« 四物湯とその派生処方 その2 | トップページ | メッセージのレベルと宛名 »

(06) 製剤学(GEを含む)」カテゴリの記事

コメント

薬局薬剤師として働き始めて4年目になるものです。
偶然このブログを発見し、自分はまだまだ勉強不足だなぁと感じました。

アマリールの0.5mg、とても小さくて扱いづらいですよね。
当薬局でもたくさん処方を受けます。
0.5mgの半錠指示もあって、割るのが大変です。

今まで服薬指導時にあまり気にしていなかったのですが
きちんとつかめているかもコンプライアンスに直結するので確認するべき事項ですね。
ただ、この記事のように、患者同意を得て後発に変更できればいいのですが
門前薬局が後発不可指定する為、そのまま先発調剤しているのが現状です・・・

投稿: 田舎薬局薬剤師 | 2012年8月30日 (木) 19時17分

田舎薬局薬剤師さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
ハンドリングの問題に取り組みだしたのはまだまだ最近のことです。
患者さんに指摘されて学びました。

アマリールの0.5mgはその後OD錠が発売されましたが、残念ながらハンドリングのことは考慮されていないようです。

せっかくのOD錠なのに、もったいない。

この点でアマリールは三和のグリメピリドには勝てないわけで、GEのいいところは認めて、どんどん患者のためにすすめていきたいと思います。

後発変更は不可とのことで、残念ですが、個別に川上作戦をするくらいしか対策は思いつきません・・・。

投稿: ひのくにノ薬局薬剤師。 | 2012年8月30日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/46451567

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドリング問題を解決するジェネリック:

» 薬剤師的話題(2012.7.28):ハンドリング問題を解決するジェネリック 他 [薬局のオモテとウラ]
▽ スイッチOTC薬、拡大の鍵は薬剤師の姿勢 : 薬事日報ウェブサイト セルフ購入者が多く、セルフ販売の普及でOTC薬が雑品との狭間で埋没している。医薬品の安全性よりも利便性を優先させた姿 ▽ チーム医療のための分子標的治療薬  ... [続きを読む]

受信: 2012年7月28日 (土) 22時30分

« 四物湯とその派生処方 その2 | トップページ | メッセージのレベルと宛名 »