« 腎機能に応じて用量調節が必要な抗アレルギー薬 | トップページ | 「老い」と「死」について »

2012年6月29日 (金)

ペットショップにて

 先週の金曜日。非番だったので、ぶらりとディスカウントストアの中のペットショップへ。なかなかこれといった出会いはない。でも、こういうのは本といっしょで巡りあわせ的なものがあるもので…。それでついふらふらっ~と立ち寄ってしまう。

 たいていは「うちの子のほうがかわいかったね」とショーケースの子犬をみながらにやけている。しかしこの日ばかりはショーケースの前に釘付けになった。

 レッドのトイ・プードル。メス。まだ2ヵ月。そしてこの顔。胸元の白のミスカラーも愛らしい。鼻(正しくは「マズル」)も短いし、まるでテディベアだ。

 そう、レッドのこんな子を探していた。うちにはすでにトイプーのお姉さんが2匹いる。長女はブラウンでもうすぐ2歳。次女はアプリコットで1歳半。そして次に飼うならレッドがいいな~、と。名前ももう決めていたりする。

Cimg2793 ショーケースの前で「こっち向け、こっち向け」と粘っていると、おねえさんがケースから出してくれた。抱っこするとひたすら指や口を舐めてくる。おてんばだ。そして見つめられると…もうダメだ。表示価格は14万円。でもプライスレスでしょ、と意味不明な思考回路に陥る。

 「いちおう、見積もりだしてみました」と笑顔で差し出されたカードをみると・・・。20万! あれっ。

 予防接種やらなんやらでその価格になるそうで、一気に現実に引き戻され、意気消沈。レッドの彼女もショーケースに戻され、シュンとなっている。そうか、さびしいか…。週末、家族をつれて、もういっかい会いに来るからな。そうすればなんとかなるかもしれないし…。

Cimg2644
 週末、家族総出でレッドの彼女に会いに行く。こどもたちは話を聞いて、いてもたってもいられない。店の自動ドアが開くと同時にダッシュ。ぼくも小走りに追いかける。雨の日曜とあって、ペットコーナーは盛況だ。

 「おったよ~。これでしょ、20万って書いてある。でもこれアプリコッドでしょ? 」

 ん! それはたしかにアプリコット。愛しのベイビーはいずこ? まさかとは思いつつたずねてみると、「売れちゃったんです~」。金曜日にはここにいたのに…。

 そう、こういうのは巡りあわせなのよね。

 すこし凹み気味のぼくを気にして、帰りに別のペットショップに寄ってみよう、ということになった。そこにはトイ・プードルのちっこいのがいっぱいいた。みんなかわいいんだけど、ブラックが中心。あとホワイトとシルバーが少し。

 レッドでかわいいのがいたんですけどね~、って店の主人に話しかけると、

 「レッドはうちは扱わないんですよ。レッドは頭が良くないからしつけがたいへんだし、大きくなっちゃうし…」

 そのあとはほとんど覚えていない。だって、第一声での全否定でしょ、これ。そのあとに、良いトイ・プードルの見分け方をレクチャーされて、うちの店の子はその点バッチリですって言われても、感情的に拒否してしまう。

 さらにレクチャーされた良いトイ・プードルの条件? には後ろ足の形やら背骨の形やらがあって、そうなるとブラウンの長女もアプリコットの次女も不合格じゃないか。

 あー、もうあのペットショップには行きたくない。

 だいいち、ぼくは正統なカラー(ブラックやホワイト)の、そして良い条件をクリアしたトイプーを探しているわけじゃない。もちろん、そういった知識を持っているわけではない。でも、知りたいとも思わない。それは今のぼくにとって、何の価値もない情報だ。なにかの大会に出るわけじゃないし、他人に自慢するわけでもない。

 そもそもそういうものを求めてペットを探している人ばかりじゃないはず。それよりも性格や顔、カラー、そういったもので選ぶ人も少なくないはずだ。

 そう、正否の問題ではなく、価値観の問題なのだ。平たく言えば、好き嫌い。スパゲティとカレーライスのどっちが好きといった問題にすぎない。それなのに、スパゲティ派のぼくにカレーライスを押しつけてきたわけだ。

 価値観とは「私の見解」であり、「必ずしも他人に押しつけてはいけない」見解です(@岩田健太郎)。

 こういう価値観の問題は、自覚的になるしかない。

 そういえば先日、井手口直子先生の講演会でこういう指摘があった。

 「決断の速い人。こういう人は情報を集めなさすぎる傾向がある」と(ぼくは決断がかなり速いほうだと思う)。

 たしかに相手の一言にすぐに反応してしまうと、結果的に価値観の問題に無頓着になってしまうかもしれない。相手がどういう文脈で、その一言を発したのか? 相手はどういう状況にあるのか? そういった情報を集めておけば、感情的な問題に発展する可能性も少なくなるわけだ。

 件のペットショップの主人はおそらく間違ったことを言ってはいないのだろう。でもその応対は相手の価値観や物語を考量しようという姿勢がまったくない。あーはなるまい。そう思った。

Cimg3162

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

|

« 腎機能に応じて用量調節が必要な抗アレルギー薬 | トップページ | 「老い」と「死」について »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/45985460

この記事へのトラックバック一覧です: ペットショップにて:

« 腎機能に応じて用量調節が必要な抗アレルギー薬 | トップページ | 「老い」と「死」について »