« 麻黄湯とその派生処方 その1 | トップページ | メマリー錠5mg著効例の維持量について »

2011年11月21日 (月)

ただやり方を考えていないだけ

67et7_2

2011.11.20 
サッカーリーグ第9節

    前半 3-0 
    後半 2-1  

    Total  5-1

 

 第8節が9月だったのでひさしぶりの試合。チームは快勝。後半よりFWで出場する。

 相手は前半だけで3点もやられ、守りを建てなおしカウンター狙いでまとまっていた。そんなこととはつゆ知らず、次はオレの番とばかりにいきまいてピッチに立つ。

 ところがたった一人のDFに封じられてしまう。周りは見えていたが、つまらないこだわりがじゃまをする。結果、ますます抑えられる。自滅。消耗。しだいにスピードでもふりきれなくなる。

 残り5分。もう一人では勝負できない。裏にボールを引き出すことはできる。でもそのあと勝負するスタミナがもうない。完全にガス欠。できないことはあきらめるしかない。そこでやっと冷静になれた。

 サッカーは団体競技。一人で突破できなくとも、連携すればいい。ボールをあの枠の中に転がせばいい。できないことはあきらめて、他のやり方を考えればいい。

 サイドに広がり、ボールを引き出す。DFが戻りながらも届かない、GKも飛び出せないところにアーリー気味にセンタリングをあげる。イメージが湧く。もうそれしかできないから。

 ボールはイメージ通りの軌跡を描く。そのボールを若いFWがきっちり流し込む。

 ~今回の教訓~

 1)優先順位を考える。

 2)できないことはあきらめる。そして、できることを考える。

 ただ「できない」と言っているとき、それはただやり方を考えていないだけかもしれない。

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

|

« 麻黄湯とその派生処方 その1 | トップページ | メマリー錠5mg著効例の維持量について »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/43097813

この記事へのトラックバック一覧です: ただやり方を考えていないだけ:

« 麻黄湯とその派生処方 その1 | トップページ | メマリー錠5mg著効例の維持量について »