« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

ご案内【数式に頼らない! イメージで捉える薬物体内動態入門】

服薬ケア研究会からのご案内です

「イメージで捉える薬物動態学」 

11/3(今週の木曜日) 鹿児島でお会いしましょう

数式に頼らない!
イメージで捉える薬物動態学入門

 服薬ケア実践講座、ただいま鹿児島にて「医療統計学と疫学研究の基礎」を開講中ですが、皆様のご要望に応えて、「薬物動態学入門」が開催されることになりました。

 ここで目指すのは、難しい数式は使わずに、吸収率、分布容積、消失半減期、尿中未変化体排泄率、肝抽出率、蛋白結合率、などのパラメーターの意味を掴み、薬が体内でどのような場所に存在し、どのように動くのかをイメージしようという内容です。
 
 難しいことはさておき、「薬が今体内のどこにあり、どのようになっているのか」をイメージできるようになることが目標です。

 このように薬の存在を捉えることにより、あなたの服薬指導は単に添付文書を鵜呑みにした表層的なものから、数段レベルアップすることが出来ると確信致します。薬物動態学はTDM をやっている人だけのものではありません。薬物動態学を学び、薬剤師としての実力をアップしましょう! 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 ※内容は初歩的なものになります。初心者大歓迎!日頃「難しそう」と敬遠している方もぜひご参加ください。
-------------------- * ------------------------------ * -------------------

《 服薬ケア研究会第5 回服薬ケア実践講座開催要項 》
    日本薬剤師研修センター認定研修(3 単位)

日時:平成23 年11 月3 日(祝) 10:00~16:00

場所:鹿児島市勤労者交流センター(よかセンター) 第1会議室 (キャンセ7階)
        〒890-0053 鹿児島市中央町10番地 tel:099-285-0003

内容:イメージで捉える薬物動態学入門

講師:服薬ケア研究会会頭 岡村祐聡 先生


本講座は講義(90 分×3コマ)のみとなります。
グループワークや発表はありません。

参加費: 服薬ケア研究会会員3,000 円 非会員5,000 円
(※同時入会で参加費は会員料金になります)

*会場が広いので、まだまだ参加OKです。

申し込み:http://www.fukuyaku.net/news/news.html
 

問合せ先:服薬ケア研究会事務局
〒305-0042 茨城県つくば市下広岡410-78
FAX 03-6368-6058 E-MAIL:jimukyoku@fukuyaku.net

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

「眠剤が効かない」にすぐにフォーカスしない

「眠れない」のはなぜなのか?
生活・睡眠の様子は?
そして薬が悪さをしていないか?

CASE 104

80歳 男性 
他科受診:なし 併用薬:なし

定期処方:
Rp1) ユーロジン錠2mg / 1x就寝前
   2) オメプラール錠10mg 1T・デパス錠0.5mg 1T / 1x夕食後
  3) ムコスタ錠100mg 3T・メチコバール錠500μg 3T・プロレナール錠5μg 3T・セファドール錠25mg 3T / 3x毎食後
  4) バイアスピリン錠100mg 1T・ブロプレス錠4mg・メバロチン錠10mg 1T / 1x朝食後

 1)~4) 28日分
 * Rp 2)~4)は一包化

患者のコメント: 「眠剤、効かんね。3時まで眠れない」

薬歴から得られた情報:
① かかりつけのクリニック閉院のため転院。
② 前医の処方をほとんど引き継いだまま。
③ 22時に床に入るがなかなか眠れない。
④ 筋弛緩作用による持越しやふらつき(-)
⑤ デパスの処方意図についての記載(-)

患者から得られた情報:
① 「夕食後にどうしても眠くなって寝てしまう」
② 18時夕食→そのまま眠る→22時に起きる→3時まで眠れない
③ 本人もデパスの処方意図わからず

疑義照会:
 (内容)夕食後のデパスが睡眠のリズムを狂わせているので、
     就寝前へ用法を変更してよいか?
 (回答)デパス錠0.5mg 1T/ 1x夕食後 → 1x就寝前 へ変更

□CASE 104の薬歴
#1 デパスの用法を変更して睡眠の改善を図る
  S) 夕食後にどうしても眠くなって寝てしまう
 O) 18時夕食→そのまま眠る→22時に起きる→3時まで眠れない
    デパスを1xA(一包化内)で服用中
 A) 夕食後のデパスが原因だろう
 P) 疑義照会にてデパスを就寝前へ変更
   安定剤の影響ですので、一包化の中から出しています。
    安定剤は寝る前に眠剤と一緒に飲んでください。
    これで夕食後に眠くならずに、ぐっすり眠れますよ。
 R) 一包化作り直しでお待たせしたが笑顔だった

 
□解説
 「睡眠薬が効かない」との相談を受けたとき、以前はすぐに睡眠薬の分類を考えてしまっていた。だが、目先を変えてもうまくいかないことが多い。

 そこでまず薬歴を活用する。そこに具体的な眠剤の服用タイミングや生活の様子が書かれているか? なければその情報を伺う必要がある。眠剤の飲む時間や過ごし方自体に問題があることも多いからだ。

 「眠剤、効かんね。3時まで眠れない」には、すぐにフォーカスしない。つまり(S)とはしない。患者の具体的な生活を尋ねていく。そして「夕食後にどうしても眠くなって寝てしまう」ここにフォーカスする。

 ならば疑うべきはデパス(なんのための夕食後のデパスなのかはわからないが・・・)。デパスの用法の変更を提案し、Drの許可を得る。

 最後に、こういう分野は暗示的効果も強いので、ちょっと断言的に服薬支援を行っている。

 
□考察
 患者は80歳。目は薄いし、耳も遠い。あまり薬剤師とも話をしようともせず、ただただ急ぐ患者だった。この患者が次回来局時には一変した。

 「もう夕食後眠くなることはないし、ぐっすり眠れる。まあ、トイレに1~2回はおきるけどね」
 
 「ちょっと検査値を教えてくれんかね? 字は小さいし、先生はマスクしてて何をいっているかよく聞き取れんし…」

 といった具合だった。

 患者の信頼は得られたようだ。しかし、デパスの処方意図は? 前医の処方をずっと引き継いだままでよいのか? といった観点で向き合っていれば、もっと早く解決できていただろう。

 一包化薬は調剤に時間がかかる。処方監査がおろそかになるとまでは言わないが、PTPのままなら提案できていることができていないケースがある(ような気がする)。意識が薄まることのないようにしたい。
 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

難しいのは「想定」をすること

安易に使われている言葉
そこに潜む危険性と違和感
「未曾有」と「想定外」

【送料無料】未曾有と想定外

【送料無料】未曾有と想定外
価格:756円(税込、送料別)

 畑村洋太郎「未曾有と想定外」(講談社現代新書)

 そもそも「未曾有」という言葉は「個人的には未経験」ではなく「歴史上いまだかつてない」という意味で使われる言葉であって、今回の津波で軽々しく用いるべきではない。なぜなら、その言葉を使うことによって「仕方がない」「考えても意味がない」ということになりかねないからだ。

 「未曾有」についてはそのような趣旨であった。そしてもう一つの言葉「想定外」について。

【「想定外」という言葉の違和感】

 しかし、だからこそ、原子力技術を扱う仕事は、想定外という言葉ですべて免罪になるような軽いものではないのです。社会から彼らに預託されていたのは、たいへん便利だけど、たいへん危険でもある原子力技術をできるだけ安全に使うことです。そのために、あり得ること、起こり得ることをすべて想定するといった程度のことは、ふつうにやっているのが当たり前というものです。

 それは「原子力の専門家」といわれている人たちにもいえます。もともと社会が彼らに期待していたのは、今回のような事故を想定することです。想定するのが専門家の責務だったのです。

 そんな大切な役割を担っているはずの人たちが、事故が起こってから軽々に想定外という言葉を使っているのを見たら、だれだってがっかりするでしょう。   (同書 P.91)

 
 社会から薬剤師に預託されているのは、たいへん便利だけど、たいへん危険でもある医薬品をできるだけ安全に、安心して飲めるようにすること。そのために、つねに勉強しておくことは、ふつうにやっているのが当たり前というもの。

 医薬品の効果や副作用、そして相互作用といったものを想定することが薬剤師の責務であって、社会が期待していることでもある。

 ただ副作用と一口にいってもいろいろある。モルヒネによる吐き気や便秘といった100%起こるものから、SJSやTENなどのごくごくまれな副作用もある。SJSやTENといった副作用をこちらから説明することはほとんどない。しかし「経過観察中における副作用の予兆の早期発見」には努めなければならない。つまり想定はしておかなければならないということだ。

【そもそも「想定」とは?】

 人はなにかを企画したり、計画したりといった「考えをつくる」ときは、まず自分の考える範囲を決めます。この境界を設定し、考える枠を決めることが「想定」なのです。 (中略)

  じつは想定をだれかにしてもらえることほど楽なことはありません。難しいのは想定をすること、考えの枠を決めることです。想定さえしてもらえば、あとは想定内のことだけを考えればいいわけですから、多少ものを考えられる人だったら、それほど難しいことではありません。 (同書 P.93)

 薬のキャラクタを理解せずに、添付文書に記載のある副作用が出ていないかだけをチェックする薬剤師と薬のキャラクタから、たとえば薬理作用から起こりうる副作用が推測できる薬剤師。

 この薬にはこの副作用を、と決まりきったフレーズをアナウンスする薬剤師と患者の状態や併用薬といったさまざまな「制約条件」を考慮してアナウンスをする薬剤師。

 副作用が起こったときに「医師に連絡してください」としか言えない薬剤師と副作用が起こったときの初期対応がアナウンスできる薬剤師。

 どちらが想定外のことが起こったときに対応しうるか。とうぜん、起こっている現象のモデルが頭に作られている方が、全体像が把握できている方が、そして起こった後のことを想像できている方が、想定外のことに対して真の対処ができる。 

想定外のことが起こったのではありません。何も「考えていなかった」だけなのです。(同書 P.101)

 こう言われないようにしたい。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »