« ルボックス ‐ テオドール | トップページ | イトリゾール - リピトール »

2010年8月23日 (月)

ぎっくり腰と八味地黄丸

 ぎっくり腰全快。1週間かかった。ただ椅子から立ち上がっただけで、何も持ったわけでもないのに・・・。

 わかります? あの不安定感。力が入らずどうにもできないあの感覚。お世話になりました腰痛ベルトにシップ、そして八味地黄丸。

 ぎっくり腰は腎虚の状態だとなりやすい。高齢者がよくなる状態。更年期などの生理的なもののほかに、疲労などが原因で腎のバランスが崩れ、弱くなることもある。腎虚になると筋肉と神経のバランスがとれなくなるので、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアになったりするわけだ。

 わたしの漢方の先生によれば、「腎虚は怖くない。誰でもなる。若い人は1日で回復するが、歳をとると回復が遅い」そうだ。歳ということですか・・・。

 足腰に力が入らない場合の第一選択薬、補腎剤、八味地黄丸。腎と腰は密接な関係なのだ。

 補足:ほてり・のぼせのあるかたは八味地黄丸ではなく、六味丸が適。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

|

« ルボックス ‐ テオドール | トップページ | イトリゾール - リピトール »

(08) 漢方」カテゴリの記事

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/36322073

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰と八味地黄丸:

« ルボックス ‐ テオドール | トップページ | イトリゾール - リピトール »