« イトリゾール - リピトール | トップページ | 世界は日本サッカーをどう報じたか »

2010年8月30日 (月)

サッカーは趣味?

 雲は遠くの低いほうにモクモクとあって、空の上のほうは抜けるような水色。そして芝生のグラウンド。昨日の日曜日は視覚的には最高の条件だった。最大の敵は照りつける陽射し。

 サッカーの60分ゲームを2試合こなす。1勝1敗。ここまで今季、6戦で3勝3敗で決して悪くない。だが、勝敗はあまり関係ない。もっと若いころは、勝敗や得点に拘っていたけれども、今はサッカーをすることが純粋に楽しい。翌日、翌々日と筋肉痛に襲われることがわかっていても・・・。

 「趣味のサッカーだからね」と仲間もいう。そういえば、このブログのプロフィールにも、趣味:サッカー、水泳、読書と書いている。でも、そもそもスポーツって趣味なのだろうか。

 趣味をホビーと訳すと、スポーツや健康のための行為は含まれないときいたことがある(もっとも、わたしのサッカーの場合は、単発的で激しいので健康には悪そうだが・・・)。

 ウィキペディアで「趣味」を調べると

 

趣味(しゅみ)は、以下の二つの意味を持つ。

  1. 人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英:hobby)。
  2. 物の持つ味わい・おもむき(情趣)を指し、それを観賞しうる能力(美しいものや面白いものについての好みや嗜好)のこと(英:taste)。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい/わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。

 なるほど、これから、わたしのサッカーは趣味(ホビー)ではなく、道楽と言えばいいわけだ。趣味は読書とこのブログということにしよう。

 しかし道楽も大変だ。まずは11人集めること。社会人の道楽サッカーではこれがいちばんたいへん。つぎにアフターケア。わたしの場合は温泉に補中益気湯。

 補気剤といえば、四君子湯、六君子湯、補中益気湯。ふだん疲れたときは六君子湯レベルで充分。試合のあとは、もうなんにもしたくないくらいに疲労が強いから、補中益気湯レベルが要る。

 ぐたっとなって漢方を飲んでる姿を見て、「もう(サッカーを)やめたら?」とあきれながら妻がいう。

 なるほどやっぱり道楽かな? とあらためて思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

|

« イトリゾール - リピトール | トップページ | 世界は日本サッカーをどう報じたか »

(19) 日記・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124939/36454231

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーは趣味?:

« イトリゾール - リピトール | トップページ | 世界は日本サッカーをどう報じたか »