« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月30日 (月)

サッカーは趣味?

 雲は遠くの低いほうにモクモクとあって、空の上のほうは抜けるような水色。そして芝生のグラウンド。昨日の日曜日は視覚的には最高の条件だった。最大の敵は照りつける陽射し。

 サッカーの60分ゲームを2試合こなす。1勝1敗。ここまで今季、6戦で3勝3敗で決して悪くない。だが、勝敗はあまり関係ない。もっと若いころは、勝敗や得点に拘っていたけれども、今はサッカーをすることが純粋に楽しい。翌日、翌々日と筋肉痛に襲われることがわかっていても・・・。

 「趣味のサッカーだからね」と仲間もいう。そういえば、このブログのプロフィールにも、趣味:サッカー、水泳、読書と書いている。でも、そもそもスポーツって趣味なのだろうか。

 趣味をホビーと訳すと、スポーツや健康のための行為は含まれないときいたことがある(もっとも、わたしのサッカーの場合は、単発的で激しいので健康には悪そうだが・・・)。

 ウィキペディアで「趣味」を調べると

 

趣味(しゅみ)は、以下の二つの意味を持つ。

  1. 人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英:hobby)。
  2. 物の持つ味わい・おもむき(情趣)を指し、それを観賞しうる能力(美しいものや面白いものについての好みや嗜好)のこと(英:taste)。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい/わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。

 なるほど、これから、わたしのサッカーは趣味(ホビー)ではなく、道楽と言えばいいわけだ。趣味は読書とこのブログということにしよう。

 しかし道楽も大変だ。まずは11人集めること。社会人の道楽サッカーではこれがいちばんたいへん。つぎにアフターケア。わたしの場合は温泉に補中益気湯。

 補気剤といえば、四君子湯、六君子湯、補中益気湯。ふだん疲れたときは六君子湯レベルで充分。試合のあとは、もうなんにもしたくないくらいに疲労が強いから、補中益気湯レベルが要る。

 ぐたっとなって漢方を飲んでる姿を見て、「もう(サッカーを)やめたら?」とあきれながら妻がいう。

 なるほどやっぱり道楽かな? とあらためて思う。

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

ぎっくり腰と八味地黄丸

 ぎっくり腰全快。1週間かかった。ただ椅子から立ち上がっただけで、何も持ったわけでもないのに・・・。

 わかります? あの不安定感。力が入らずどうにもできないあの感覚。お世話になりました腰痛ベルトにシップ、そして八味地黄丸。

 ぎっくり腰は腎虚の状態だとなりやすい。高齢者がよくなる状態。更年期などの生理的なもののほかに、疲労などが原因で腎のバランスが崩れ、弱くなることもある。腎虚になると筋肉と神経のバランスがとれなくなるので、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアになったりするわけだ。

 わたしの漢方の先生によれば、「腎虚は怖くない。誰でもなる。若い人は1日で回復するが、歳をとると回復が遅い」そうだ。歳ということですか・・・。

 足腰に力が入らない場合の第一選択薬、補腎剤、八味地黄丸。腎と腰は密接な関係なのだ。

 補足:ほてり・のぼせのあるかたは八味地黄丸ではなく、六味丸が適。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

日傘の進化

 阪神百貨店に妻と買い物に出かけた。

 妻は日傘が欲しいと。もう15年も使っているという。それに「白色なのに日傘として大丈夫なの?」と思ったらしい(当時はなんとも思わなかったのかな?)。

 傘を選ぶ。デザイン(色を含む)と価格以外に判断基準はないだろうと考えていた。なぜなら、 傘は進化しているようにはとても見えないからだ。傘は進化しきった最終形態、つまりみんなが満足してしまったアイテムの1つと思っていた。

 しかし日傘の分野は性能面で進化していて、UVカット機能付きのものが登場していた。さらにUVカット99%以上のものは‘遮光傘’の呼び名が与えられている。

 結局、黒のUVカット90%以上のものを購入した。遮光傘のデザインのよいものは少し値が張るからだ。まあ、白に比べれば黒のほうが機能はよいし、紫外線を90%もカットしてくれるなら充分だろう(もちろん今までと比べて。評価なんてみんな相対的なものなのだから)。

 それにしても、日傘いっぽんにも専門的な?(基本的な?)説明がある。さすがデパート。郊外の大型店とはちょっと違うなと感じた(ふと、ドラックストアが思い浮かんだ)。

F1000041

 さて、わたしもいい買い物をした。

ひさしぶりに満足の一品。

 この表情、このコミカルな動き。

さあ、どこに飾ろうかな、  ブリキ・キャット。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »