« モーラステープによる光線過敏症 | トップページ | 借景話法 »

2010年5月28日 (金)

BPHとOAB

前立腺肥大症(BPH)と過活動膀胱(OAB)
α1遮断薬と抗コリン剤の併用も多く見られるようになってきた
尿閉に注意、そしてどちらが大事な薬か?

CASE 60

67歳 男性

処方:
Rp1) ユリーフ錠4mg 2錠 / 2x朝・夕食後
Rp2) ベシケア錠2.5mg 1T / 1x朝食後
Rp3) ユーロジン錠2mg 1T / 1x就寝前
Rp1)~3)28日分

薬歴から得られた情報:
① 頻尿(+)のため、前回より Rp2)が追加になっている
② ベシケア投薬の際、尿閉の誘発について指導

患者から得られた情報:
① 「新しい薬(ベシケア)が入って調子いいよ」
② 尿の出が悪くなるようなことはない

□CASE 60の薬歴
#1 ユリーフの継続必要性について確認する
 S) 新しい薬(ベシケア)が入って調子いいよ
 O) ベシケアによるBPHの悪化・尿閉(-)
 A) QOL改善に伴いユリーフの服用状況
   が悪化しないようにする必要あり(特に夜)  
 P) 薬の優先順位的にはユリーフが大事
   ユリーフの飲み忘れが多くなると尿が出なくなったり、
   せっかくよくなった症状が悪化することが考えられる

□解説
 α1遮断薬と抗コリン薬の併用。泌尿器の専門医によく見られるようになった処方だ。

 前立腺肥大症の病態は前立腺腫が増大すると、尿道抵抗が高まり、その結果として膀胱機能が影響を受け、複雑な様相を呈する。閉塞に伴う膀胱機能の変化による症状は排尿困難以外に頻尿、尿意切迫感、夜間頻尿などの刺激症状も現れる。(*1)

 BPHを放っておくと、膀胱機能が影響を受ける。結果、過活動膀胱(OAB)や低活動膀胱を引き起こす。OABを有するBPH患者に第一選択薬としてα1遮断薬が推奨される理由がここにある。

 BPHの患者の40~60%に排尿筋過活動が合併する。α1遮断薬により閉塞を解除した場合、約60~70%の患者において過活動膀胱症状が消失する。しかし閉塞を解除しても、残りの30~40%の患者では、尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁のような過活動膀胱症状は改善しない。(*2)

 このような場合、OABの症状改善のために抗コリン剤が併用される。ただし、残尿量が50mL以上あるような場合、BPHによる尿閉が考えられ、抗コリン剤は禁忌となる。

 抗コリン剤は膀胱のムスカリン受容体に結合して、膀胱を弛緩させる。BPH患者に抗コリン剤を投与すると、尿道が閉塞している状態で膀胱が弛緩してしまうため残尿量が増加し、尿閉を誘発するおそれがある。

 ということは、α1遮断薬と抗コリン薬の併用において、α1遮断薬の服用状況こそが効果や尿閉防止のカギとなる。そこで‘ユリーフの継続の必要性について理解してもらう’ことを目的に服薬支援を行なっている。

□考察
 患者は往々にして、症状が改善したときに加わった薬を過大評価する。

 今回のケースでも、新しい薬(ベシケア)への患者の評価はすこぶる良かった。しかし良きにしろ悪きにしろ、単一のモノが原因とは限らない。ヒトの身体はそんなに単純なものではない。

 ベシケアの高評価はユリーフの働き(服薬)があってこそなのだ。

 シャーロック・ホームズも友人のワトスンに言っていた。
「ことわざにあるように『知らないうちは、すべて偉大に見えるもの』だからね」(*3)と。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

人気ブログランキングへ

*1:厚生科学研究班編/医療・GL(01年)/ガイドライン    

*2:横田崇 他.Geriat.Med.41(8).1178,2003.

*3:ドイル 中田耕治訳『シャーロック・ホームズ傑作選』集英社文庫

|

« モーラステープによる光線過敏症 | トップページ | 借景話法 »

(03) コンプライアンスや薬識など」カテゴリの記事

コメント

麻子仁丸は味がよくないので丸なのではないですか。溶かさずに、服用するか、メーカーにお願いして、丸の製剤をつくっていただくか。

投稿: くぼちゃん | 2013年8月13日 (火) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BPHとOAB:

« モーラステープによる光線過敏症 | トップページ | 借景話法 »